ごくごく内輪でパーティーを開く

再婚で結婚式を挙げる場合に、年輩者の再婚の場合は、当事者同士が人生のベテランであるわけですから、それにふさわしい結婚式や披露宴への対処の方法が必要になってきます。

周囲の事情も考えて、誰もが納得の行くものであると同時に、人との出会いの意味と味わいのある結婚式や披露宴を志してください。

再婚する場合の結婚式や披露宴について少し考えてみましょう。再婚する場合の結納・挙式・披露宴などを正式に行う場合は、ふたりの置かれている環境、周囲の条件などをよく考えてよい方法をとるようにしましょう。再婚される2人にとってふさわしい規模と内容にされることが大切になってきます。

結納でも、きちんとした正式な結納ではなく、多少控えめにした5品目や3品目のセットを考えて、挙式の方法についても型どうりでも良いですが、2人で考えられた方法でもOKでしょうね。

再婚の場合の披露宴についても、当事者の好みや周囲の事情によって、全体的にはやや控えめにするのが妥当かもしれません。

あるいは、結納や挙式を省略、あるいは略式にして、結婚指輪の交換をもって結納の代わりとし、披露宴を行わない代わりに挨拶状の発送だけにとどめるという方法もあります。

また結納や挙式は省略して、親しい友人や知人と再婚される当時者の親族だけを招待して、自宅あるいはアットホームな会場でパーティーを開くというのもひとつの方法でしょうね。

いづれにしても、再婚される2人が幸福になるように祝福してあげることが最も大切なマナーになってくるとこを覚えておいてください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。